時事問題は時間をかけて学ぶことが大事

 時事問題を教育する方法は簡単ではありません。時事問題は何が出るのか分かりにくいため、対策を立てにくいと思われがちです。確かに教科書に載ってることが問題になるわけではないので、問題が予想できないことは多いです。ただ、時事問題が発生したときに、関連することを覚えておくことが対策になります。例えば、台風が日本を直撃したとします。そんなときに社会であれば、過去に大きな被害を出した台風について問題になる可能性があります。中学受験の時事問題はそのように想像することで、対策を立てることができるのです。ただ、新聞などで記事を読んでいると、関連することが書いてあることも少なくありません。

 そのような関連した知識を蓄えておくと、受験で役立つこともあります。時事問題は地道に記憶していく努力を繰り返すことがポイントになります。問題になったときに記憶にあると、有利な場合があるからです。知識を蓄えておかないと対処できないことも多いです。時事問題に答えるためには、知識を蓄えていつでも使える用意をしておくことが大事です。そのような努力が受験本番で役立つものになります。毎日知識を積み重ねていくと、時事問題にも対処できる確率が上がるでしょう。